園だより-information-

園長のひとこと

笠被り地蔵のお話し

2016.07.23 (土)


笠かぶり地蔵のお話し

 むかし、むかし、あるところに田中伝四郎という長者様がいました。

 今から220年ほども前のお話しです。富士市中之郷の小池に住んでいたので、小池長者とも呼ばれていました。

 小池長者には、なかなか子どもが授からず、授かってもまだ赤ちゃんのうちに亡くなってしまい、たいそう悲しみにくれていました。
 あるとき、宗清寺(そうせいじ)の観光和尚さまに、「どうしたら子どもが無事に産まれ、健やかに成長することが できるのでしょうか?」と尋ねます。

 和尚様は「お地蔵さまを おまつりし、毎朝 手を合わせてお願いごとすれば きっと長者様のお願いごとは叶うであろう」とお話ししました。

 さっそく長者様は信州の高遠に住む又兵衛と金左衛門に大きなお地蔵さまを作ってもらいます。とっても大きな石を由比川の上流から よいこらしょ、どっこいしょと運びます。

 笠被り地蔵様に、毎朝手を合わせてお願いごとをした長者様、何とすぐに子どもが授かり、そしてすくすくと健やかに成長していきます。

 

 地蔵様は、山門の右側にあって、前を通る東海道にありました。街道の旅人たちに、「笠被り地蔵さん」と信仰を集め、東海道の名物となりました。今でも交通安全の守り仏・子育てのお地蔵様としてたくさんのお参りがあります。

 小池長者さまのおうちは末永く栄え、今も幸せいっぱいに過ごしているとさ。

   めでたし、めでたし、おしまい


jizou.jpg

安政の大地震まではお寺と幼稚園の前の道路が東海道でした。




「鬼子母神」のお話し

2016.07.20 (水)


「鬼子母神」のお話し

 

 昔々、鬼子母神という鬼の子のお母さんという字を書く名前のお母さんがいました。

 ちょっと恐い名前ですね。

鬼子母神の大好きな食べ物は、何と小さな赤ちゃんや子どもでした。夜遅くまで起きていると、鬼子母神がやって来て、小さな子どもを「パクッ、ムシャ ムシャ ムシャ」と食べてしまうのです。

子どもを食べられてしまったお母さんは、嘆き悲しみます。

 鬼子母神にもかわいい赤ちゃんがいます。

ある時、お釈迦さまは、あまりにも子どもを食べられてしまったお母さんがかわいそうに思い、鬼子母神の赤ちゃんを、そーとわかないように隠してしまいます。

鬼子母神は、かわいい我が子がいなくなったのに気づくと「うちの子は、どこじゃー? うちの子は、どこじゃー?」と髪を振り乱し、目をつり上げ鬼のような恐い顔をして、探しまわります。

 なかなか見つからなかったので、お釈迦さまに、うちの子を知りませんか?と相談します。

お釈迦樣さまは「かわいい我が子を失うと悲しいだろ?」

鬼子母神は「はい、とっても悲しくて、悲しくて・・・」と泣き出します。

お釈迦さまは「そうだろう、他のお母さんも赤ちゃんを失うと、同じ様に嘆き悲しんでいるがわかるか? これからは悪いことをしないで、よいことをたくさんしない。」とおさとしになります。

鬼子母神は「はい、これから悪いことをしないで、たくさんよいことをします。」と言って、無事、赤ちゃんを帰してもらいます。

 それから鬼子母神は、子どもを守ってくれる仏さまとなりました。

めでたし めでたし

kishibojin.jpg



小鳥の雛が卵からかえるとき

2016.07.19 (火)

 啐 啄 同 時(そったくどうじ)

 小鳥(ひな)が卵からまれ出よとするときの中から卵のをつついて音をたてますその機会を逃すことなく、それまで卵をあたためていた親が外からをつついて助けます
 【師匠と弟子との関係を表すで、何かをするのに好のタイミングを表す四字熟語です。

 

 いたずらに雛が未熟の内に、親鳥が殻をつついたら、生命を失なってしまう可能性もあります。反対に雛が殻を内側からつついているのに、親鳥が知らんふりをしていたら、どうでしょう。雛は殻を破って出ることはできません。

 

 育児でお忙しい中ですが、そっと見守ることも必要です。子育てで大切なのは、共感することです。親子で赤い夕日を見て「ワァー、きれい!」とか「すごく、きれいだね」と感動を共有して欲しいと思います。

 

 さくら台幼稚園では、感受性豊かな子ども達とたのしく前向きに園生活を送っています。絵を描くときは、動物園の絵ではどんなことに感動したのか、匂いや感触はどうだったのか、どんな思い出があるのか、先生と子どもはたくさん話をし、共感しながら、創造力を働かせます。ひとり一人いっぱいイメージをふくらませて、絵筆を持っています。

 音楽はたくさん楽器で遊んで、この楽器をやりたいと自ら選択して、楽しく練習をしています。

 

 幼稚園と保護者の方が手を取り合い、信頼できる関係を築くのも大切です。保育の情報を提供したり、気軽な気持ちで子育ての相談をしていただけるように、努めています。

 わくわくドキドキの幼稚園生活を過ごせていることに、本当に幸せを感じています。 

     

hina.jpg

                                                  

  園長 大嶽素宏(おおたけもとひろ)



男は強く やさしく、女はやさしく 強く

2016.06.25 (土)

 男は強く やさしく、女はやさしく 強く

 

  ○○ちゃんは いい子 とっても大事な子 お父さんとお母さんの宝物 ♫

 先日PTA本部さんと県の私立幼稚園PTA総会に参加しました。その折に教えていただいた わらべ唄です。

 

 幼稚園では父の日参観会があり、手型や似顔絵、イラストを焼き付けしたマグカップなどをプレゼントしました。また父と子でリトミックや運動遊びを行い楽しいひとときを過ごしましました。


chichi.jpg

 

 「泣いた赤おに」という絵本を書いた"浜田広介"はこんな言葉を記しています。

 「男は強く やさしく、女はやさしく 強く」といっています。

 

 参観会ではお父さんのたくましさ、強さ、やさしさを存分に発揮していたと感じました。

 

  ○○ちゃんは いい子 とっても大事な子 父さんとお母さんの宝物 ♫

 子は かすがい といいます。幼い子ども達を「強く やさしく、やさしく 強く」見守りながら、幼児教育の歩みを進めて行きます。

              園長 大嶽素宏(おおたけもとひろ)

 

※ ○○ちゃんは いい子 とっても大事な子 お父さんとお母さんの宝物

  https://www.youtube.com/watch?v=eaHnHFlJJZU


naitaakaoni.jpg



「さくらんぼ」さん、「cherry's」さんへようこそ

2016.06.10 (金)


 初めてのさくらんぼさん、cherry'sさんは、楽しかったですか? ご不明な点やご心配なことがありましたら、お気軽にお声を掛けて下さい。


oogataehon.jpg

 

 さくらだい幼稚園には、3つの理想とする子どもの姿があります。

   ・丈夫でがんばる子

   ・なかよく遊べる子

   ・自分で考える子 

 以上の3つです。こんな子に育って欲しいと願いながら、幼児教育を歩んでいます。


 幼稚園の特色を二つ、お話しさせて頂きます。


 まず
行事や体験を大切にしています。
 おうちの方が幼稚園に足を運ぶ機会も多いのですが、家庭では経験しづらくなっている季節ごとの行事や体験を通して、子どもが成長する感動を、皆さまが実感できること、心の琴線(きんせん)に触れることができます。

 また保護者の方と先生の信頼関係もしっかりと、築くことができること。

 最後はちょっと大げさかもしれませんが、一生のお付き合いとなるようなママ友作りのきっかけにもなります。これからも行事や体験を大事にしていきます。

 

 もうひとつは家庭的な暖かい雰囲気を大事にしています。

 音楽や絵画などカリキュラムも大切です。その土台として家庭的な暖かい雰囲気の中、子ども達が安心してたくさんのお友達と、いっぱい遊び、時にはトラブルの経験を積み重ねていくことができます。ゆずったり、ここからはゆずらなかったり・・・ コミュニケーション能力や集中力を育んでいます。

 毎年3月は卒園児の保護者から「さくらだい幼稚園で、よかった」という想いを、ひしひしと感じる中で卒園式を挙行し、卒園児の活躍はうれしい限りです。
 これからも行事や体験、そして家庭的な暖かい雰囲気の中で、幼児教育を歩みたい、そして子育て支援として いっしょに さくらんぼさん、cherry'sさんを楽しみたいと思います。一年間よろしくお願い致します。