園だより-information-

園長のひとこと

「スタンフォード大学」での学び

2016.11.13 (日)

  「スタンフォード大学」での学び

 

トランプ当選に一夜にして意気消沈した

カルフォルニアの市民を目の当たりにしました。

 

スティーブ・ジョブスが卒業式で名スピーチをした

スタンフォード大学です。


sutan1.jpg

 

sutan2.jpg

教育学部前学部長D・スタイペック教授と

心理学のK・ドゥエック教授の講義を

日本の幼児教育に携わる園長や先生方、

20名で聴講(通訳付き)です。

「子ども中心」の教育か「先生主導」の教育の

どちらが成果が上がるのかという内容で

ブレンド、ミックスがいいと感じました。

 

心理学の子どもへの声かけは、できなくても

プロセスを重視し「まだ 今はね」と、

失敗をしてもチャレンジし続ける

しなやかな」考えを持つことを勉強しました。

 

 

またもうひとつの目的、

シリコンバレーのグーグルの託児所

 

そしてスタンフォード大の研究機関の幼稚園、

幼稚園から高校の一貫教育の私立幼稚園などを

じっくり見学や、折り紙をして子どもと遊んだり、

園長先生などから話を聞きました。

 

この一週間、焼き芋パーティーや園内研修、

音楽とリズムの会の練習など、

留守を守ってくれた副園長、先生達に感謝、感謝。


sutan3.jpg

 

明日から園長の役割として、子ども達と

先生達が限りなく成長できるように、

環境作りに邁進しなければ!



落語 三方一両損のお話し

2016.11.09 (水)


「三方一両損」

落語の「三方一両損」の話をお届けさせていただきます。 (ネットを参考)

 

名奉行、大岡越前守(おおおかえちぜんのかみ)のお話です。


 財布を拾うと印鑑と書き付けと3両が入っていた。


 書き付けから神田竪大工町、

大工の"吉五郎"と分かり届けてあげると、

鰯の塩焼きで一杯呑んでいた。

 

店の中に入り、白壁町の左官の"金太郎"だと自分の名をつげる。

「落とした財布を届けてやった」と言うと、

「印鑑と書き付けは俺の物だから貰うが、

3両はもう俺のものではないので、

やるから持って帰ぇれ」と言う。


 

ooka.jpg

 

「金を届けてけんかを売られりゃ~世話がねぇ。」

「よけいなことをしやがる」

「なんだと~!」。

で、ケンカになって。

 

これより名奉行、大岡越前守(おおおかえちぜんのかみ)の

お裁きとあいなる。

 

大岡越前が裁いても吉五郎も金太郎も3両は

どうしても受け取らないと言う。

 

「ならば、この3両を越前が預かり、

両名に褒美として金2両ずつ下げつかわす」との裁定。

 

その訳を


金太郎そのまま拾っておけば3両、

 

吉五郎そのまま受け取れば3両、

 

越前守そのまま預かれば3両有るが、

 

越前が1両を出して双方に2両ずつ渡したから、

三方1両損である」。

 

どちらも傷つかない名裁き。

二人はめでたく仲直りし、


この後奉行の計らいで御膳が出る。

 

「これ、両人とも、いかに空腹でも、腹も身のうち。たんと食すなよ」
「へへっ、多かあ(大岡)食わねえ」
「たった一膳(=越前)」

 

ちゃん、ちゃん。

 

お金を全額受け取って得をすることを良しとしなかった二人に

とって、この裁きは実に納得いくものだった。

 

 

 

 さくら台幼稚園では、子どもの健やかな成長のために

家庭的な暖かい雰囲気をずっと大切にしています。

 

子どもの成長に大切なことは、親御さんの子育てと共に

自分の子どもを応援してくれる、

子どもの友達の親御さんとママ友なのではと考えています。

 

子どもは成長するにつれ活動の範囲が広がります。

同じようにさくら台幼稚園のPTA活動や子どもの友だち付き合いや

ママ友を通し、親御さんの活動範囲も広がり

深まる一助となればと願っています。



これからも和やかな家庭的な暖かい雰囲気の幼稚園であるよう、

幼児教育を歩んでいきます。




「初めてのお抹茶」

2016.11.02 (水)


   『初めてのお抹茶』 

 

園内研修をお寺の広間にて行いました。


コミュニケーションについての講義の後、

グループに分かれ茶道を体験しました。


初めて お抹茶を点(た)てた先生もたくさんいました。


ocha.jpg


お茶の点て方を講師の 

橘凛保(たちなな りほ)先生や   

千春先生に教わったり、

お菓子や茶碗を持って畳の歩き方を 

指導していただきました。


和菓子を食べ、両の手を畳について挨拶をし、    

   お抹茶を頂きます。


とても幸せそうです。

日本文化に触れて、少し感性も豊かになりました。

さすが大和撫子、凜々しさを感じます。

初めて点てた茶を飲むと長生きをするといわれますが、
さくら台の先生たちは元気いっぱい、

きっと お抹茶効果で元気に長生きをすることでしょう。


 追伸 以前、お煎茶をすみれ組で行いましたが、今度はお抹茶をすみれ組で行いたいと考えています。(4才児以上かな〜)



   


お陰さまで、体重が・・・

2016.10.31 (月)

   富士市スポーツ祭の剣道大会がありました。

中学生、高校生、一般の剣道大会です。

 私は一般の団体戦(大将)と
個人戦(40才以上)に
出場させていただきました。

 お陰さまで、昨年の六段昇段審査で打ったような
胴を打つことができました。

 面打ちをずっと稽古していますが、
試合だと打てません・・・
 まだまだです・・・

 中学生は新人戦も兼ねている試合です。
女子団体戦、決勝の主審(審判)もさせて頂きました。

 高校に進学しても、頑張っている生徒もいました。

「文武両道」、頑張りましょう。


taijyu1.jpg

 ということで、
10月のダイエットの目標だった
65kgになりました。

また頑張ります。

皆さま、ご愛顧の程
よろしくお願いいたします。




みんなと一緒だと楽しいね! みんなと一緒だとおいしいね!

2016.10.27 (木)

             

「みんなと一緒だと楽しいね! みんなと一緒だとおいしいね!」

 

秋の親子遠足


 目的は秋の自然を親子で楽しむこと・・・(運動会のごほうび遠足・・)

 

お陰さまで秋晴れの下、

親子で電車に揺られ、静岡市森下公園に出かけました。

のびのびと広い公園や

すばらしい総合遊具などで遊ぶことができました。

感謝です。

ただブランコに乗っていた在園児と
遊びにきていた1才くらいの子がぶつかってしまいました・・・

本当にごめんなさい。

職員会議の遠足の反省では、

ブランコや急傾斜の危険マップの作成と配布、

PTAの係りさんと子どもの遠足にしたらどうかなど・・・

 

でも園長の頭の中は10年ほど前、

三島の楽寿園に出かけた時のことです。

親御さんが同じクラスみんなで

食べようと声をかけて

ひとクラス皆でお弁当を広げていた光景が

本当に有り難い、

忘れ難い・・・


obento1.jpg

 

小学校学区の卒園児数では本当に少数でしたが、

皆でお弁当を広げていた学年の子らが、

 もう中学三年生になっています。

そしてとても胸に迫る
入学式がありました。

なんと迎える側と入学生の代表、

両方ともS台幼稚園卒園児だったのです。

子どもは集団生活でいろいろなことを学びます。

同じようにおうちの方々も手を携えれば、

教育の成果は無限大です。


obento.jpg

行楽の秋・・・大切な秋の行事、遠足。

秋の夜長に何が

最愛の子どもの成長に大切かを

じっくり考え、

行動に移さなければ。