園だより-information-

園長のひとこと

「桃栗三年・・・」 園長先生の夏休み日記 2016

2016.08.23 (火)


三宅島から御蔵島(みくらじま)に行ってドルフィン・スイム、

イルカと一緒にシュノーケリングで泳ぐ気満々だった私。

夜、東京発の船にて行く予定で、新幹線に乗っていると

小田原を過ぎたあたりで携帯電話が鳴りました。

「台風の影響で欠航になります・・・」

という事で、急遽行き先を変更。

新富士駅では「お気の毒ですから」と返金、

ありがとうございます。

 

自宅に帰り、水着を出してスーツケースをひとまわり小さいものに交換。

 

翌朝、岡山の閑谷学校(しずたにがっこう)と小豆島へGo

閑谷学校は江戸時代前期の寛文10年(1670)に

岡山藩主池田光政によって創建された、

現存する世界最古の庶民のための公立学校で、

日本遺産第一号です。


shizutani.jpg

さすが国宝、素晴らしい日本建築に感動です。


フェリーに乗り、小豆島(しょうどしま)へ

 

なごやかな瀬戸内の海。

右側の平らに見える山は、あの源平合戦の屋島です。

こんな急な山肌を降りて攻めた義経はやはり戦の天才です。

映画「八日目の蝉」でも目にした景色です。


dannoura.jpg

さすが千春ティーチャー、キキと同じように

軽々と魔法のホウキで飛んでいます。

kiki.jpg

(オリーブ公園では無料で魔法のホウキをレンタルできます)
最後に映画「二十四の瞳」の舞台となった分教場へ。

bunkyoujyo.jpg

ドラマや田中裕子のリメイク版もヒットしました。

オリジナルは高峰秀子が主演、原作は小豆島出身の壺井栄。

壺井栄は「桃栗三年、柿八年、柚(ゆず)の大馬鹿十八年」

幼いころから苦労人だった作者らしい言葉です。

週明けから、9月のさくらkids作りや二学期の準備。

子ども達の健やかな成長のためにダッシュ!!